翻訳仕事の種類と業界事情を紹介

翻訳で出来ること

翻訳とは、外国語を日本語の訳することが一般的です。 実際インターネットのサイトなどでは、英語のサイトなども数多くあります。

実際海外のツールの販売サイトは英語を使っているサイトが大半ですし、日本語対応をしていないサイトも多くあります。 そういった時に翻訳ツールを使いますが、意味がわかりにくい文面になっている場合が大半です。

そういった中、翻訳を専門にしている会社もあります。
トランス・ジャパンという会社を例にとってみてみましょう。

この会社では文面を日本語に訳してくれるだけではありません。
英語対応のHPを作りたい場合など総合的な相談にも乗ってくれます。
確かにサイトの中には、英語・日本語・中国語など色々なバージョンに変換表示できるサイトもあります。

しかもわかりやすい分面で翻訳ソフトを使ったものではなく、きちんと頭に入ってくる文面です。 外国語ネイティブによる校正がされていますので、しっかりとした情報になるようにしています。

説明の文面がわかりやすいこと、これは日本語の説明でも非常に重要です。 しかも外国語では、翻訳の際こちらが伝えたい文面になっているのか、その辺りも問題ですよね。広告ともなる説明の文面は表現方法によってかなり意味が違ってきます。

このいったものを任せるには社内の人材より、外部の専門家の方が効率が良いケースが多いです。 実際に海外に情報を発信する場合、英語の文面をかけるスタッフもいるかもしれませんが、専門家ではやはりありません。

専門家には、文面を磨き上げる手法がありますし、経年も豊かです。
その為、専門家に任せることで、より正確で意味ある情報発信が可能になります。

翻訳サービス会社の他のサービスとしてはテープ起こしやナレーションをつけてくれるサービスもありました。

確かにオリジナルの文面に対し、日本語の翻訳でナレーションをつけてくれたら助かりますよね。

会社などでしか発注出来ないサービスですが、企業規模を拡大する上で日本人以外の顧客をつかむのは必須です。
事業拡大の一環として、こういったサービスは便利に使いたいですね。

ナビゲーション

翻訳会社

メニュー